未分類

山倉

後つぎ息子は、わし(山倉和弘)が山倉ハンコの事業主を退任したあと、山倉ハンコの事業主になります。

わし(山倉和弘)は、山倉ハンコの事業主になる後つぎ息子が山倉ハンコの社員にえらそうにできるように訓練します。

後つぎ息子に、山倉ハンコの事業主になる訓練をしなきゃならないので、わし(山倉和弘)は山倉ハンコの事業主らしくしなきゃならないのです。

山倉ハンコの事業主らしくするためには、鼻の穴に印鑑をハメて盛りあがってたらいけないんです!

上記に限らず、ヘソの穴や肛門や耳の穴に印鑑をハメて盛りあがっててもいけないんです!

山倉ハンコの事業主になる後つぎ息子の訓練をしなきゃならないのだから、わし(山倉和弘)はシャカリキに山倉ハンコの事業主をしなきゃならないのです。

もし山倉ハンコの事業主であるわし(山倉和弘)が、鼻の穴やヘソの穴や肛門や耳の穴に印鑑をハメて盛りあがっている瞬間を後つぎ息子に見られるようなことがあったら、後つぎ息子は山倉ハンコの事業主であるわし(山倉和弘)の訓練を軽視するようになると考えています。

そればかりか後つぎ息子は、わし(山倉和弘)が山倉ハンコの事業主を退任したあと、山倉ハンコの事業主に就任する気が挫かれるかもしれません。

こんな具合でわし(山倉和弘)は、お父ちゃんが退任して山倉ハンコの事業主になったら、シャカリキに山倉ハンコの事業主をしなきゃならないと考えています。

難波印鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top